オーナー通信セミナー開催報告やオーナー様に役立つ情報、お届けします。

The Newsletter for Owners

2023年4月号

企業努力で応える

冷えたペットボトルが汗をかくようになりました。
芽吹く桜に散る桜。春らんまんです。
お元気にお過ごしでしょうか。


企業努力で応える
池田 峰


先月8日、TBSテレビの夕方のニュース番組「Nスタ」にて、トーコーキッチンの在り方を「令和版下宿?」という切り口でご紹介いただきました。同番組キャスターのホラン千秋さんは青山学院大学のご出身ということもあり、淵野辺にある相模原キャンパスへの通学経験を振り返りながら、とても羨ましがってくださいました。

同日のコメンテーターが「食べチョク」という産地直送お取り寄せ通販サイトを運営している秋元里奈社長だったのですが、彼女は相模原出身なので「淵野辺」という単語に即反応し、文教地区としての淵野辺の一面を補足説明して視聴者の理解を深めてくださいました。

その翌々日の10日は、フジテレビの朝の情報番組「めざましテレビ」にて、「若者が注目するお得なサービス物件」という切り口でご紹介いただきました。ジャニーズ事務所のアイドルグループ「なにわ男子」のリーダー、大橋和也さんがリポーターとなってトーコーキッチンの紹介をしてくださったことから、驚くほど大反響でした。

アイドル修行が人格形成に有効なのか、それとも、人格者だからこそトップアイドルになれるのか。大橋さんの目配り・気配り・立ち振る舞いを間近で見ていると、きっと後者なのだろうと確信する場面に多く遭遇しました。半日の出来事でしたが、大変勉強になりました。

テレビの反響ではこんなことがありました。

つい先日、来年進学予定の高校生からトーコーキッチンの仕組みについて詳しく話が聞きたいという連絡がありました。以前からトーコーキッチンの在り方に興味があったところ、テレビを観て、思い切って電話をしてきてくれたのです。

事前にトーコーキッチンのことを入念に調べ上げてきたという彼女は、ホームページ上で公開している当通信までも熟読していたほどでした。彼女の関心とぴったり合致したということもあるのでしょうが、興味の深さはもちろん、「知りたいことを学びたいんだ!」という欲求を実直なまま真摯にぶつけてくる彼女の姿勢に背筋が伸びる思いでした。

彼女の第一志望は青山学院大学のコミュニティ人間科学部。2019年に淵野辺の相模原キャンパスに新設された学部です。地域を理解・体験して地域づくりの手法を学ぶことが特色の学部で、「地域に向き合える人材」を育むことを目的としているそうです。

「それじゃあ、とりあえず来年に向けて物件予約しておく?」と聞けば、自宅から淵野辺までは電車で30分程度とのことで自宅から通うとのこと。営業失敗です。代わりにアルバイトのお誘いをさせてもらいました。今はただ、彼女の望み通りにサクラサクことを祈ります。

さて、スタッフ全員が一枚岩となって取り組んだ2023年の繁忙期が終了しました。今年も多くの新たなご縁をいただき、高い入居率を達成することができました。過去最高でした。このように、良い結果に恵まれれば恵まれるほど、切に感じることがあります。それは、この結果はオーナーの皆さまから日頃より賜っているお力添えのおかげであるということです。改めまして、いつも本当にありがとうございます。心より御礼を申し上げます。

オーナーの皆さまには、「礼金0・敷金0・退室時修繕義務なし」という公平で公正な貸し方へのご賛同に加え、お部屋探しのお客さまが住みたいと思うように、入居者の皆さまが快適に住み続けられるように、物件の魅力維持・向上へとたくさんご尽力いただいています。

そうです。していただいているばっかりではいけません。オーナーの皆さまのご期待・ご厚意に応え、大切なご資産の価値をより高められるように、私たちが自分たちにできる企業努力に対して地道に丁寧に全力で取り組んでいきます。

まだ一部に空室があります。管理物件全戸満室実現まで頑張ります。
引き続き、皆さまのお力添えの程よろしくお願い申し上げます。

最近の記事
2024年2月号
段取り八分
2024年1月号
新年の始まり
2023年12月号
基本の「基」
2023年11月号
満室経営の追求
2023年10月号
安定した賃貸経営の継続実現を目指して
過去の記事
2024年

1月号

2月号

2023年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2022年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2021年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2020年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2019年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2018年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2017年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2016年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2015年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2014年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2013年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2012年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2011年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2010年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2009年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2008年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号